大阪で摘発も!ネットカジノとオンラインカジノは別物

オンラインカジノも普及してきて、手軽に楽しめて身近なものになりました。日本ではカジノは禁止だけど、オンラインカジノができるから、大丈夫と誤った解釈をする方も増えているのが原状です。その例として2019年には大阪でネットカジノ店でカジノを提供した、プレイしたといて複数人が摘発されています。大阪ではこのような店が闇に多くあり、摘発も厳しくなっていますのでやめておくことが重要です。ネットカジノ店はあくまでも日本に店があるので、日本でカジノをすることになります。ですから、法律通りに違法となり摘発の対象になります。ネットカジノと言うあいまいな言葉に惑わされて、よく理解せずに利用してしまう方も増えているので注意が必要です。

オンラインカジノは運営は海外に拠点を持っているので、日本の外ですから日本の法律の適用外です。実際にオンラインカジノプレイで逮捕された方も、のちに日本国内ではないと無罪になっています。ですから、オンラインカジノで海外運営なら違法ではなく安心できます。ただ、ネットカジノ店の場合はプレイしている場所を提供しているのは、日本にあるお店ですから完全に法律に触れます。摘発されても全く言い訳ができない状態ですから、大阪でネットカジノができると言ってもリスクが高いですからやめましょう。今はネット環境があればオンラインカジノで、好きな時間に安全に合法的に遊ぶことができます。わざわざ危険を冒して、法律違反を犯してまでプレイしなくてもいいのです。正しく楽しむためにはネットカジノではなく、オンラインカジノを選ぶようにすることが大切です。似ているように全く性質が異なりますので、安易に使ってしまうと最悪の結末になることを頭に入れておくべきです。